FC2ブログ

これからの時代に必要なこと、「感情に素直である」ことを教えてくれる黒人霊歌

一円もかからない不思議な話
12 /07 2017
最近、グローバリストの出先機関であるCIAと密接に繋がっている「ハリウッドや音楽業界など、アメリカのエンターテイメント界こそ黒人差別が酷い」ということを言っている人の話を聞きました。グローバリストは、国境や国を大切にする人を「人種差別だ!」と決めつけていますが、最近ではトランプ大統領を支持している黒人で元脳外科医のカーソン議員が「黒人じゃない」とまで言われている始末です。

考えてみてください。昔は、アメリカのミュージックシーンはナット・キング・コールのような美声の上に紳士的で上品な黒人歌手が牽引していたのですよ。この美しく格調高い英語。話している声も落ち着きがあって素敵です。





80年代くらいまでは、ビリー・オーシャンのようなスーツの似合う上品でビロードのような声の紳士的な黒人歌手がいました。

しかし、いつの間にかラップとヒップホップ主流となり、黒人歌手はほとんどがチンピラかギャングのような風貌となりました。そして、歌の内容も、成金自慢やモテ自慢、クスリ自慢など聞くに堪えない低次元な内容のものが主流となってしまっています。しかも、呼吸が浅い歌手ばっかりです。

昔のように、肺活量があって、ストレートにハートに愛が響いてくるような歌を歌う有名な黒人歌手がほぼいなくなってしまっているのです。アッシャーも、病気を感染させられたと元カノに訴訟されていましたし、ロマンとかハートに歌が響くというような話ではありません…。





先日、あるスピリチュアルな人が「黒人は他の民族に比べて、感情をストレートに表現する能力が高く、他の民族もそこから学ぶことは実は多くて、感情に素直であることは、闇の支配から私たちを守ってくれるものであり、それが理由で闇の(グローバル)勢力は黒人をターゲットにしている」と語っているのを聞きました。

う〜ん、何か分かったような? わからないような? 例えば、「マイクロチップの埋め込み手術」の問題にしても、「そんなの嫌だ!」という感情が残っているかどうかが、最終的に私たちが支配されたり搾り取られるだけのただの家畜に成り下がってしまうのかどうかの命運を分けるのですよね。

喜ぶこと、感動すること、嬉しいと感じること、がんばるぞ〜と思うこと、許せん!と怒ること、恥ずかしいと思うこと、全部、大切な感情です。

しかし、日本語の言霊パワーを日本人のハートに届けてくれるクリス・ハートがアメリカでデビューせずに、日本でデビューすることが出来たというのは、天の配剤を感じずにはいられません。





これは、クリス・ハートがハリウッドに汚されることなく、ピュアな歌声と心を保つことが出来て本人にとっても良いことだったと思うのですが、私たち日本人にとっても、彼の歌声は日本人がアメリカ人からかけられた戦後の洗脳を解いてくれる素晴らしい財産であると思います。


最近、やたらとカルマを解消するだとか、感情を削除するマインド何とかブロックだとか、○○ヒーリングとか、アクセスなんとかが流行っていますが…。感情を削除したり、置き換えたり、外したりするタイプのヒーリングやセラピーにはくれぐれも注意してくださいね。

感情は、人間である証拠であり、
お宝なんですから!!


「感情」を削除したり、解除したりしないようにご注意ください。私は、そういうテクニックを数年使った後に廃人となった人たちやガクッと運が落ちて別人のように落ちぶれた人をたくさん知っています。そして、あまりに早くお亡くなりになった方々も…。(早死は、イントラや指導者に多いです)

ネガティブな感情は、泣いたり、歌ったり、運動をしたり、マッサージやヨガ、ストレッチ、タッピングなど体や筋肉を動かしたり、デトックスすることなどで解消してくださいね。

「一瞬で削除」とか「カルマ解除」してもらえる、とか…それ系はすべて巧妙な罠ですので。

関連記事
日本と世界を救うのは、縄文文化を背負った頑固オヤジとその精神
自分の潜在力を最大限に生かす「最強になる脳の使い方」とは?
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化
日本人にとって、一番のラッキーアイテムとは?
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。