FC2ブログ

日本人の底力を強力に呼び覚ますパワーを持つ歌とは?

一円もかからない不思議な話
12 /08 2017
先日、クリス・ハートが「手紙〜愛するあなたへ」という曲を歌っているのを聞いていると、私には感謝の気持ちとありがとうの言霊パワーが伝わってってきて、自分の中で「感謝の波動」がアガることを書きました。



クリス・ハート自身の才能や生き方、表現力もあると思うのですが、なぜアメリカ人の黒人歌手が日本語でこの歌を歌った時に、感動して涙が出て、まるで呪いが解けたように心が軽くなり、日本人の私にとって非常に強力な癒しのパワーがあるのかを考えていました。

戦後、アメリカ主導の占領軍によって、日本人にはさまざまな洗脳工作が施されましたが、もしかすると元敵国で私たちを徹底的にマインドコントロールしたアメリカ人から日本語で発せられた、「感謝の気持ち」や日本への愛を感じることで、私たち日本人にかけられた呪いのような洗脳が解けるのかもしれないと思いました。

日本人は第一次世界大戦後のパリ会議で、世界で初めて「人種差別撤廃」を提案したのですが、当時のアメリカの黒人は日本を支持し、これを拒否したアメリカ政府に対して各地で暴動を起こしたのです。また、黒人を家畜のように奴隷化した西洋人とは違い、日本人にはもともと黒人への差別がなく、信長の時代にはコンゴ出身の弥助という人物に武士の位を与えて重用しました。

私は、歌には洗脳を解いたり、やる気を起こさせたり、力を発揮させるパワーがあると思います。これまで、日本で放送禁止になったりした歌や干された歌手のことを考えた時に、私はハッとしました。

日本人を目覚めさせて、日本人を立ち上がらせる歌や歌手がそういう目に遭っているのです! これまで世界を支配している腐敗した国際金融グローバル勢力について色々書いてきましたが、闇の支配にとって国民が目覚めてしまい、力を持ってしまうと、とても都合が悪いのです。

私の中で、日本人がもともと持っていた二宮尊徳のような「報恩の精神(相手に感謝して報いようとする気持ち」を表しているのが、「母ちゃんのた〜めなら、エンヤコ〜ラ」という歌だと思います。「○○のためな〜ら、エ〜ンヤコ〜ラ」と歌うと、自分が何のために努力しているかハッキリ分かるし、何だかやる気になって来ませんか?



美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」の出だしの部分は、まさに内容はこのことです。この歌は、「放送禁止用語が含まれている」ということで、長い間、封印されてきました。日本で「放送コード」というのは、戦後にGHQが主導で作らせたものなので、間接的にではありますが、「アメリカが日本人に聞いて欲しくなかった歌」と思っていいと思います。この歌には、日本人に立ち上がるパワーをもたらす歌だということを、奴らは知っていたのです。

それから、私は小柳ゆきという抜群の歌唱力と表現力を持つ歌手が干されて、今ではほとんど彼女の歌声を聞けなくなったことをとても残念に思っていました。小柳ゆきの声というのは、まるで黒人霊歌のようにハートに響いてくると私は感じたのですが、この人が「君が代」を歌った時の迫力が凄かった!

「君が代」がなんだか、ソウルフルに超パワフルにハートに響いてきます。なんだか、クールな気さえしてくるのです。小柳ゆきの歌声は、日本人の愛国心を呼び覚ましてしまったのですよ。これですね、日本人に「日本人である自分が嫌い」、「日本が嫌い」なままでいてほしい勢力としては、非常に都合が悪いのですね。



それから、大昔から日本では力仕事をする時に「○○のためならエーンヤコーラ」と歌っていたように、物を売る人が歌っていたメロディーが「やきいもの歌」だと思います。ヘンダーソンという日本のお笑いコンビが「石焼き芋の歌」というのを出していて「耳に残る」と話題になっていたのを知って、とても嬉しくなりました。



これも、私たちが遺伝的に大昔から、美味しいものを買って、家族や友達など大切な人と一緒に食べたときに聞き慣れているメロディーだからこそ、これを聞くとほっこりするのだと思います。

この遺伝子への刷り込みはですね、冬場の恋愛成就に使えるのですよ。冬場に外に出かけた時に、一緒に焼き芋を食べると必ず心がほっこりするので相手に自然な親近感が湧くのです。仲良くなりたい相手とは、「焼き芋」ですよw



今日ありがたく思ったこと

日本人の底力を目覚めさせる歌を歌ったり、演奏してくださっている歌手の皆さま、ありがとうございます。
ソーラン節など、日本人に力を与える民謡を広めてくださっている皆さま、ありがとうございます。
昔から引きつがれてきた歌をカラオケなどで歌える環境を作ってくださっている皆さま、ありがとうございます。

 
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。