FC2ブログ

保守派のテレビ解説者ボーリング氏がフォックスニュースを解雇され、翌日に息子が死亡

不審にお亡くなりになった方々
12 /08 2017
日本は戦争に負けたため、戦後にアメリカ主導のGHQが愛国者や優秀な人物をことごとく公職から追放し、マスコミも言論統制されたため、国を想う熱い著名なニュース解説者やニュースに切り込むジャーナリストが現代の日本には少ないので、今、アメリカで起きていることをイメージしにくいのですが…。(優秀な愛国者のジャーナリストは日本にもいらっしゃるのですが、アメリカのように大手メディア所属で著名で影響力がある人が少ない…。)

クリントンの悪事やオバマの健康保険詐欺や、数々の不審死など、アメリカの政治の深刻な腐敗にアメリカ国民が気付いて、「ワシントン政界のドブ掃除をする」と言ったビジネスマンのトランプを大統領に当選させてから、アメリカ国民がだんだんと真実に目覚めてきました。

そこで、ドブ側の腐敗勢力がマスコミに手を回し、「アメリカを取り戻そう」と呼びかけるジャーナリストや影響力のあるテレビ解説者を次々と陥れてクビにさせているのです。フォックスニュースでテレビ解説者をしていたナポーリターノ判事は、イギリスの諜報機関を使ってオバマが選挙運動中のトランプの監視をしていたことを暴露したのですが、テレビ局をクビにされてしまいました。また、アメリカで保守派のニュース解説者として一番有名なビル・オライリーはセクハラの疑惑をかけられ、4月に保守派のテレビ局であるフォックスニュースを解雇されました。

そして、次に槍玉に上がったのが、同じくフォックスニュースの保守派のニュース番組司会者のエリック・ボーリング氏です。

ボーリング氏は、就任して間もない頃にトランプ大統領の独占インタビューを行い、ワシントン政界の腐敗について追求してきました。


「アメリカよ覚醒せよ。我が国を偉大にした9つの美徳」という本を書いています。そして、ワシントンの政界の腐敗を暴いた「ザ・スワンプ(沼):ワシントンの汚れた腐敗の水溜り」という本も出しています。

この方は、つい最近、「複数の女性に自分のナニの画像を送った」とハフィントン・ポストに報道されて、逆にこれを書いた記者を名誉毀損で訴訟すると発表していました。しかし、この件は非常に闇が深くて、この件を調査していた法律事務所というのが、ヒラリー・クリントンとオバマが懇意にしていた法律事務所であったのです。

9月7日付でボーリング氏は、フォックスニュースを解雇されたのですが、その翌日である8日にボーリング氏の19才の息子のエリック・チェスター・ボーリングさんが薬物の過剰摂取で死亡しました。

しかし、まだ警察の捜査も始まっていない段階なのに、すでにマスコミが「息子が自殺」と報道しているのも違和感があります。リンキンパークのボーカルのチェスター・ベニントンが7月に死亡した際にも、警察は「あらゆる角度から調査する」と述べたのにマスコミは直後から「自殺」と決めつけて勝手に報道していました。

どちらも、クリントン関連です…。

しかし、日本でも似たような事件が起きていたのですよ。私は、以前から元TBSワシントン支局長でフリージャーナリストの山口敬之氏は保守派のジャーナリストとして信頼できると思っていました。そもそも、この方は、韓国軍によるベトナムでの性虐待の実態を知って報道しようとしたところ、TBSにもみ消された経験を持っておられます。また、安倍総理と親しい記者としても知られていました。

韓国がベトナム人慰安婦
韓国軍が数千人ベトナム人女性を強姦し、慰安婦にしていた
https://www.sankei.com/smp/west/news/170430/wst1704300004-s2.html

何年も前に起きたことなのに、何も文句を言わなかったのに、「今になっていうか?」なタイミング。山口氏を貶めて人格攻撃して疑惑を植えつけることによって、日本の保守派の情報が表に出ることを抑えるために嵌められたとしか思えません。

しかし、ガソリーヌにもカルマの応酬が返ってきていますね。


山口氏は「北朝鮮を執拗に擁護する議員」についても、明かしています。こういう情報を日本国民に知られたくないから、この人の人格攻撃をしたのですよね…。
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。