FC2ブログ

アメリカの国防はとっくに終わっていた…。守ってもらえない日本は早く自立を

日米関係、日米同盟
12 /08 2017
昨日、ロシアのプーチン大統領が北朝鮮の核の脅威を受けて、国境に位置するウラジオストクの住民1500名以上を避難させたことを書きました。

軍備のない日本は、アメリカに押し付けられたまま私たちが変えなかった平和憲法の縛りがあり、政治的に自衛隊を動かすことに制限があるばかりでなく、戦闘機や潜水艦の重要な部分はアメリカが握っているので、実際のところはアメリカの許可がないと動けないシステムになっています。

しかし、今、アメリカは日本を守るどころではないのです。

アメリカでは国内に国連軍が出動していて、
国家の主権が失われた状態


なのです

現在のアメリカの国力が弱まっているところに、国家転覆歴を持つ投資家のソロスなどが出資して共産主義革命のようなものが起きていて、アメリカの歴史そのものが否定され、国境を守る保安官の仕事をこなしていただけで濡れ衣を着せられたアパイオ保管官の恩赦が問題とされたりトランプ大統領の暗殺がテレビで仄めかされたりしています。

日本は、クリントン政権とオバマ政権時代に、アメリカに言われて、せっせと韓国経由で北朝鮮の核の支援を行って、日本人の莫大な金額の税金が北朝鮮の核開発に使われました。

北朝鮮でのクリントン発言

「アメリカの核に守ってもらえるんだろうか」と淡い期待をしていたら、それは大間違いです。

それは、この写真を見れば、一目瞭然ではないでしょうか。これが、アメリカの軍隊の訓練生のリアルな姿です。(これは2015年の写真)これは、テンプル大学に在籍する予備軍隊の訓練生が「レイプ被害者の身になって支持する」という趣旨で男性の訓練生が赤いハイヒールを履いて1マイル歩くように要請されました。

アメリカ軍にハイヒール

http://www.military.com/daily-news/2015/04/23/rotc-cadets-wearing-heels-for-sexual-assault-awareness-spurs.html

アメリカの保守派の論客は、「こんなのをイランや中国、北朝鮮に見られたら、アメリカの軍隊が任務遂行どころではないことを悟られて、攻めに来てくださいと誘ってるようなものだ」と憤慨していました。

米軍の強制纏足…って、イベントのためとはいえ、笑えません。国を内側から崩壊させたい勢力が米軍にヘナチョコなイメージを植え付けるためにやっているとしか思えないのです。

しばらく前にトランプ大統領が米軍にトランスジェンダー(性転換者)を入れない方針を述べたところ、大論争が起きました。アメリカの軍隊というか政府は性転換手術の費用までは出せないということでしたが、国内にいる米軍を弱体化したい勢力があの手この手を使って影響力を行使していることが分かるのです。

また、2017年の2月にアメリカでは子供の人身売買と腐敗に関する大統領令が出されており、このときに同時に

「国家緊急事態宣言」が発令されている

のです。

私たち日本人は、もう米軍を頼みにしてはいられない段階にだいぶ前に入ってしまっていたのです。愛国者の稲田朋美を言いがかりで辞任に追い込んでる場合じゃないのですよ…。

反日中韓を操るのはアメリカ

関連記事
国連やEUが日本叩きする理由
アメリカにとって日本は元敵国で北朝鮮と同列
アメリカが転覆されつつある
憲法違反の国連軍要請で主権を失うアメリカ
アメリカは、今、国家緊急事態宣言が出されている
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。