FC2ブログ

「必須ワクチン接種」の前に自宅でできるデトックス対策

デトックス、健康法
12 /08 2017
大人になると、どうしてもワクチンを打たなければならないという状況は少ないですが、子供の場合は特定のワクチン接種が必須となっているため、避けられません。

ワクチンには、水銀を含むチメロサルという保存料の他にも、様々な添加物が入っています。どうしてもワクチン接種を受けなければならない場合、自衛策として数週間前から自宅でデトックス対策をすることができます。以下は、アメリカでワクチンを含む食品やサプリなどに含まれる毒物などを検出するアメリカ政府認定の独立研究機関「CWC研究所」の所長である、マイク・アダムズ氏が提唱しているワクチン摂取前のデトックス対策です。(チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーがという記事でもご紹介しました)

マイク・アダムズ


亜鉛を取る(体内で亜鉛が不足していると、体が水銀を吸収しやすい)
有機食品を食べるようにする
ミネラルのサプリを摂取(鉛が入っているものが多いので、品質に注意)
硫黄を含む食品を食べる(卵黄、ニンニク、MSMのサプリなど)
ウコン(炎症を抑える働きがある。子宮頚がんワクチンなどに含まれるアジュバントには炎症を起こす働きがある)
ビタミンCを多く摂取
ビタミンDを摂取
揚げ物を避ける
焦げた食品を避ける(バーベキュー、焼き魚など)
痛み止めの服用を避ける(肝臓に負担がかかるため)
水分を十分に取る




アダムズ氏によると、ほとんどの人は、健康的な生活をしていれば、ワクチンに含まれている毒素を自力で体外に排出することができるため、副作用が起きないのだそうです。しかし、すでに鉛やフッ素などで汚染された水を日常的に飲んでいたり、肝臓が弱くなっていたりする場合は、水銀などの毒素を体外に排出する力が弱まっているため、新しく導入された毒素が排出できずに体内に残留し、害を及ぼすということです。

過去記事
朝日と夕日を見るだけの「お天道さま健康法」で心身を進化させる
ネガティブ思考を変える「ひまし油湿布」によるデトックス
電磁波ハラスメント、うつ病にも効果的とされる磁気療法についての考察
チキンマックナゲットを顕微鏡で見ると、不気味なナノテクノロジーが
関連記事

コメント

非公開コメント

Siliconvalley

このサイトでの更新は終了しました。アメブロ「シリコンバレーから日本を想ふ日々」に移転しました。

https://ameblo.jp/sacredokinawa 

リンクフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。