ワクチン業界とガン利権による暗殺か? 米・フロリダ州医師らの大量不審死

不審死・暗殺
12 /09 2017
2015年6月にアメリカ・フロリダ州のジェフリー・ブラッドストリート博士が不審死を遂げてから、同じくワクチンの危険性を訴えている統合療法の医師やガン研究者が次々と不審な死を遂げてきました。


コラージュ


以下は2015年7月までに不審死を遂げた医学者や医療関係者についての情報です。


○ジェフリー・ブラッドストリート博士(Dr. Jefferey James "Jeff" Bradstreet、2015年6月19日失踪、その後、死亡)にジョージア州在住(その前はフロリダ州)のホメオパシー療法を行っていた医師。ノースカロライナ州で休暇中に銃でライフルで胸を撃たれて死亡して川に浮かんでいる状態で発見されました。

博士の家族らは、この死がワクチン批判とガンを抑制する「GcMAF」という商品の発売と関係していると主張しています。ブラッドストリート博士は、生前にワクチンに含まれる「酵素タンパク質(ナガレース)」が自閉症を起こしていることを突き止めるとともに、免疫系を保護するGCマクロファージ活性化因子(GcMAF)を使った治療を開発し、2005年に製造を開始していました。

「酵素タンパク質(ナガレース)」というのは、ガン酵素でもあり、これは体内におけるビタミンDの生成を抑制し、免疫系に有益なGcMAFの前駆物質であるGcたんぱく質を駆逐する有害なものです。ビタミンDは体内で抗がん作用があることが知られています。ブラッドストリート博士は、ナガレースは自閉症の子供の体内により高濃度に見られることを突き止めました。


■ワシントンポスト紙
https://www.washingtonpost.com/news/morning-mix/wp/2015/06/29/anti-vaccine-doctor-behind-dangerous-autism-therapy-found-dead-family-cries-foul/?utm_term=.c15c9df29a6b

○バロン・ホルト博士(Dr. Baron Holt 、2015年6月21日死亡)カイロプラクター。フロリダ州東海岸で死亡しているのを発見される。死因は不明。米国ノースカロライナ州で営業していた。



○ブルース・ヘデンダル博士(Dr. Bruce Hedendal、2015年6月21日)カイロプラクター。フロリダ州東海岸で死亡しているのを発見される。死因は不明。フロリダ州ボカ・ラトンに住んでいた。ワクチンの危険性を主張していた。脱税の容疑を晴らした経過がある。



○テレサ・シーバーズ医師(Teresa Sievers MD、2015年6月29日)フロリダ州の自宅でハンマーで殴られて殺されているのを発見された。


■NBCニュース
http://www.nbc-2.com/story/32340145/dr-teresa-sievers-murder-one-year-later

○リサ・ライリー医師(2015年7月10日、Dr. Lisa Riley)オステオパシー医師。ジョージア州リー郡(フロリダ州から数時間の場所)にある自宅で頭に銃弾を受けた状態で死亡しているのを発見された。配偶者に殺されたとされている。


https://gbi.georgia.gov/press-releases/2015-07-20/murder-warrants-issued-death-dr-lisa-riley

○アマンダ・クルーズ博士(2015年7月19日、Dr. Amanda Crews)カリフォルニア州モデストの自宅で自分の子供二人と親戚二人とともに殺された。


■ピープル誌
http://people.com/crime/quintuple-murder-victim-amanda-crews-had-a-heart-of-gold/

○ロナルド・シュワーツ博士(2015年7月19日、Dr. Ronald Schwartz, MD)産婦人科医。フロリダ州の自宅で殺されているのを発見された。警察発表によると、殺人事件とされている。




■WPTV シュワーツ博士殺人事件

○ハキーム・アブドゥル–カリム医師(2015年7月21日、Dr. Hakeem Abdul-Karim, DDS) かなり健康と思われる41歳のホリスティック歯科医がノースカロライナ州の道端で死亡しているのを発見される。



○ニコラス・ゴンザレス博士(2015年7月21日、Dr. Nicholas Gonzalez)ニューヨーク在住の著名なホリスティック(統合)ガン治療法のスペシャリストだった。ゴンザレス博士は女優のスザンヌ・サマーズのガンの克服に役立ったとして「ガンについての真実」のビデオに取り上げられた。死因は、心臓麻痺と発表されたが、博士のオフィシャルウェブサイトによると、検死の結果、心臓麻痺の痕跡が見られなかったことが述べてある。



○ジェフリー・ホワイトサイド博士(2015年6月29日失踪、Dr. Jeffrey Whiteside, MD)肺がんの治療で成功を収めていた呼吸器科医。ウィスコンシン州で休暇中に失踪。7月22日に近所の森で死体で発見される。


http://www.postcrescent.com/story/opinion/2015/08/14/public-deserves-whole-story-whiteside-death/31720259/

○パトリック・フィッツパトリック博士(2015年7月3日、Dr. Patrick Fitzpatrick, MD)ノースダコタ州の医師。ノースダコタ州からモンタナ州へ移動中に失踪。トラックとトレーラーが道端で発見された。

http://bismarcktribune.com/news/local/crime-and-courts/officials-seek-tips-on-doctor/article_6e326a96-f776-51d4-9267-f4837e1e5aa1.html

日本人もこの件について無関係ではなく、2016年12月6日に日本における著名な免疫学者であり、汚染ワクチンの危険性を訴えていた医学博士の新潟大学名誉教授、安保徹氏がお亡くなりになりました。博士は、生前に研究室が何度も荒らされており、「自分が死ぬようなことがあれば、殺されたと思って」と発言していました。

過去記事
公明党が推した「子宮頸ガンワクチン」という日本人撲滅計画
製薬会社の社員は、ワクチン汚染の害を知って自分の子どもには打たない
精神疾患の女性の中絶胎児から作られたワクチン原料「MRC-5」
「必須ワクチン接種」の前に自宅でできるデトックス対策
ガン発症ウイルスのワクチン混入を暴露したモーリス・ヒルマン博士
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sacredokinawa

アメリカ西海岸に住んでいます。海外に住んでみたら日本がもっともっと好きになりました。2016年からやっていたアメブロのサイトがサイバー攻撃で閲覧できないページが多くなったので、こちらに引っ越してきました。リンクフリー、コピペフリー、拡散OKです。ただし、記事内の参考文献や根拠とした画像や過去記事へのリンクも一緒に入れてくださるようお願いします。